小さな幸せの貯蔵庫。


by hibi-thinking
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヘイリー

今月半ば頃、水曜日。ヘイリーのコンサートへ。
事前予約もせず、当日思い立って当日券購入して鑑賞。
ステキだった。。
ヘイリーのすばらしい歌声が大好きで、itunesでアルバムを買ってよく聴いていた・・・。
でも、実際の生の声は、格別で天国の天使はこんな歌声なんじゃないかな~と
思いながら聴いていた・・・。
普通2時間のコンサートだとお腹いっぱいになるけど、ヘイリーは、ずぅ~~~と、
歌っていて欲しいなと思った・・・何時間でも歌声を聴いていたかった・・・。

なんだか、心に溜まっていた垢を洗い流してくれたような気がして、すっきり!!
心が癒された一日でした。

f0031705_22321649.jpg

[PR]
# by hibi-thinking | 2008-06-30 22:38 | events

四万温泉・・・その3

そして・・・朝。

お部屋にある露天風呂がとぉぉぉっても気に入ったので、珍しく早起きして
部屋の露天風呂へ・・。
f0031705_1183750.jpg

前日は、しばらくぬるかったけど、ちょっと熱めで露天風呂にはちょうどよい感じだった・・。
その後、チェックアウト前も名残り惜しんで、再度入浴。。

f0031705_1205265.jpg

朝食。このお膳が、昔京都で泊まった宿坊を思い出す・・・。
もちろん、おいしかったデス。お粥の他にご飯もでました・・・お腹いっぱい!!

そして、まったりした後、11時チェックアウト。部屋にて精算。

前日、雨のため敷地内のお寺のお参りできなかったのでお参り。

その後、荷物を車に入れ。。近くにあるという滝を見に行く・・。
安易に考えていたけど、全然近くなかった・・・。
f0031705_1255839.jpg

なんか、摩耶の滝のいわれのようなことの説明。。
入り口には、山蛭(やまひる)がいるので注意・・・と。
親切に、虫除けスプレーが何本も置いてある。。
素足で靴を履いていたのでちょっと不安だったけど、スプレーすれば大丈夫と思い、
そのまま進む・・。
熊注意とのこと。。。
熊はどうにもならない・・・。一瞬引き換えそうかと思ったが、
未知なる好奇心がむくむく・・・と。
f0031705_1295778.jpg

いたるとことに、熊にここにいるよ~~と合図(というより威嚇か?)の鐘が・・・。
怖いので、むやみにたたきまくる。。

ただ、一番の敵は、熊ではなかった・・・。
安易に考えてた山蛭。無謀にも素足たった私の靴の中にやすやすと入り込んだ!!
ひえ~~。と言うものの、子供頃、ザリガニ取りをして遊んでいるときに蛭に
噛まれそうになって、わめいた記憶が甦り、結構冷静に処理ができた・・・。
川と道が交差しているところは、山蛭の棲みかのようで・・・帰りは要注意。。
途中、「ギャギャギャ・・・」とすごい鳴き声が・・・・。
くっ、熊ぁ~!!と、思ったが蛙ようだった・・・。あまりの怖さに引き返そうになった・・・。

途中、摩耶の滝まで○○mとか表示があり、それを目安に歩いているのに、途中・・・
f0031705_1384946.jpg

こんな表示が・・・。?って!!どういうことよぉっと勝手に突っ込みを。

それからまもなく滝へ。
f0031705_140522.jpg


f0031705_1403172.jpg


写真よりものすごい迫力だった。。
摩耶の滝の説明を読みながら、このようなところに神様はいるんだよな~~と
しみじみ感じた。
しばらく、写真をとったりして、帰路へ。。
恐怖の山蛭発生場所で、何匹も靴の中に入り、とろうと思って、足を地面に置こうとすると
そこにも蛭が・・・。熊より蛭の方が怖かったなと思いつつ車へ。
途中、蛭取りに焦っていたら、滝のところであった初老夫婦と会った・・・。
他人事でただ面白そうに眺めて行ってしまった。。
確かに他人事だけど、大自然の中で、人の冷たさに触れ、複雑な気分になった。。

とはいえ、四万温泉は最高でした!!
また行くぞ。。
[PR]
# by hibi-thinking | 2008-06-27 01:53 | travel

四万温泉・・・・その2

そして、そして、浴衣に着替えまったり・・・。

大風呂にまず、行こう!!ということで・・
f0031705_0452418.jpg

このかわいいかごを持って、お風呂へ・・・。

お風呂は、貸切状態でした・・。

f0031705_047046.jpg

こじんまりした内風呂・・。

f0031705_048824.jpg

外の露天風呂。

名物の鹿覗きの湯は、露天風呂の先、階段を下りた所にあったが、落ち着かなく
早々に引き上ることに。。

そして、夕食。。
軽めの夕食のコース・・・でも全然軽めじゃない!!

f0031705_0532682.jpg

最初のお膳。

f0031705_056777.jpg

2番目・・・。

f0031705_0564231.jpg

最後・・・創作和食の最後に、ご飯とビーフシチューは絶妙!!

f0031705_058034.jpg

デザート。。つるんつるん・・・美味。

創作和食は、へえ~~と頷く味。私の味覚のつぼにはまりました!

そして、仲居さんが、お夜食を・・・。

f0031705_0595984.jpg

おいしそ・・・・う。
でも、お腹一杯でどうしても食べれませんでした・・・。
そうだったら、もったいないので断ればよかったと翌日後悔・・・。

そして、部屋の露天風呂に入り、まったり・・・睡眠。。
[PR]
# by hibi-thinking | 2008-06-26 01:06 | travel
ものすごい久々、更新です。

先日、四万温泉に行ってきました。
とってもよかったので、記録に残しておきたなと思い、ブログ再開致します。

テレビなどで見た四万温泉の「鹿覗きの宿 鶴屋」に行きたくて、時間ができたので予約。
6月の上旬に行って参りました。
名前がいいですよね~、鹿覗きの宿って・・・。

四万温泉のことはなにも知識なく、ただ、お宿に泊まって、おいしい料理を食べて、
ゆっくり温泉に入って・・・あぁ~休まるな~と思い、雨のなか高速を飛ばし
渋川・伊香保IC下車後、小一時間で到着。

もともと、宿坊だったのを旅館にしたとか。敷地内に薬王寺があって、京都の本能寺か
どこかの管轄らしい・・・。
なにせ、私は神仏が中途半端に好きなので、にわかに嬉しい。

鶴屋は、本当に
車で緩やかな傾斜を登り、間違ったかもと心配になるぐらい奥にあった。
車を止め、用意をしていると鶴屋の方が迎えに来てくれた。

部屋にすぐ案内してくれ、お茶と羊羹を出していただいた。
f0031705_2346236.jpg

料理長が作った羊羹はものすごくおいしかったデス。特に右側のきなこが入ってるのは格別。

そうなると、夕食が楽しみに。。

まず、浴衣に着替え、ゆったりくつろぐ・・。
[PR]
# by hibi-thinking | 2008-06-22 23:50 | travel
2007年に突入・・・とういことで、私のブログも丸一年経ちました・・・。
ほそぼそと・・・すっかりブログの存在を忘れてしまったり・・・思い出してみては
ブログしていみたりと・・・。
変わったことは、どこに行くにしてもデジカメを持つようになったこと。
あと、写すもの・・・ブログに載せることを頭にあるせいか
今まで撮らなかったようなものまで撮るようになりました!
→撮って結局ブログ忘れてそのまんまになることが多かったよーな???

今年もよろしくお願いいたします!!
[PR]
# by hibi-thinking | 2007-01-01 16:24 | thinking